↓いちおしアプリまとめました↓


      

↑こちらを押すと一覧に移動します↑




記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【泣ける名作】彼女は最後にそう言った 同級生の死の謎を解き明かすアドベンチャーですよ~

彼女は最後に01


▼ 物語は『一通の手紙』から始まる ▼
「祭の夜には お面をつけて
 死者が この世に もどってくる」
 
これは ぼくの村に伝わる 不思議な言い伝えだ。
 
でも ぼくは そんな言い伝え
ぜんぜん信じちゃいなかった。
 
そう…
あんな手紙が ぼくのところに 届くまでは…
 

彼女は最後に04

 
▼ 8月14日がくり返している。一体なぜ? ▼
「お祭の夜 展望台で待ってます」───
主人公・シンタローのもとに、
4年前に死んだはずの同級生から手紙が届く。
 

彼女は最後に02


その日は地元のお祭で、
死んだ同級生の命日でもある。
シンタローは半信半疑のまま展望台を訪れる…
 

彼女は最後に05


あの日彼女はなぜ死んだのか?
この手紙を出したのは誰なのか?
死者が戻るなんてことが、本当にありうるのか?
 
数々の疑問とともに、
シンタローは時間のループに飲み込まれてしまう。
 
 
忘れられた『キオク』と、
新たな『キオク』を頼りに、
くり返す夜の中で真相を解きあかそう。


彼女は最後に03


ということで 彼女は最後にそう言った 同級生の死の謎を解き明かすアドベンチャーです☆

ゲームのほうは死んだはずの同級生から手紙が届いて、なぜか繰り返される一日の中で謎を解いていくことになります

なぜか彼女が死んだ日の事を一切覚えていない主人公を操作して、いろいろな人との会話してキオクを集めつつ、その日なにがあったのかを解き明かしていきましょう♪

いろいろな相手に質問をすることで新しい疑問が生まれ、新たな質問が出てくるようになっていて同じ一日を繰り返しつつ真実に近づいていきますよ☆

いったい四年前になにがあったんでしょうか?


まぁ操作は簡単なので問題なく遊べると思います☆ちなみにオートセーブではないので細かくセーブしておいたほうがいい感じですね~

一回クリアーしたあと、二週目に本当のラストがあるようなのでぜひそこまでプレイしてみてくださいね♪

間違いなく泣ける名作ですよ☆












おすすめアプリバナー

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yurugames

Author:yurugames
Google play&App storeで配信されているゲームアプリの中で幅広い層で楽しめるゆるいゲーム性、キャラクターのものをメインにゲーム内容紹介、最新情報、リリース予定情報等を日々更新&公開しています。やりこみ要素等のおすすめな遊び方等も紹介させていただいています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。